2022年度 那須塩原市一般会計当初予算案

 【那須烏山】市は22日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計は21年度当初比2・6%増の111億6千万円で2年ぶりの増額。主に「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」開催費が押し上げた。未就学児の副食費補助など自身の選挙公約も盛り込んだ川俣純子(かわまたじゅんこ)市長は、2期目最初となる今回の編成について「新型コロナウイルス禍の中、市民の安定した生活を支援する予算」と説明した。

 当初予算案が110億円を上回るのは4年ぶり。市内で5月にウオーキング大会、10月にアーチェリー競技を行う国体開催に向け、会場の仮設費などに1億1800万円を計上した。