2022年度 高根沢町一般会計当初予算案

 【高根沢】町は22日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計は21年度当初比1・8%減の102億円となった。加藤公博(かとうきみひろ)町長は「平常時の一般会計は95億円程度が町の適正規模と考えている。新型コロナウイルス感染拡大が続く非常時の中、全体のバランスを考えながら予算編成をした」と説明した。

 新たな取り組みとして、子育て支援のため保育園の副食費、小中学校の給食費をともに減免する。減免額は副食費が1500円。給食費の減免は小学生が1400円、中学生1200円とする予定。市街地活性化・定住促進として25年度まで、都市計画税の課税停止も行う。