ゲーム感覚で環境について学べる「ベリーくるちょ」

 【鹿沼】ゲーム感覚で環境について学んでもらおうと、市はこのほど、環境学習カードゲーム「ベリーくるちょ」を考案した。ゲームは240セット製作し、今後、市内全34小中学校に配布する。市の環境学習講座などでも活用していく。

 市は、地球に優しい製品や行動を選んでいく「クールチョイス」や脱炭素社会などを目指す「市気候非常事態」を宣言し、温暖化対策を進めている。考案したゲームもその一環。