市内の中学生向けに高校生が作製した冊子

市内の県立高4校の全生徒に配布されるメッセージカード

市内の中学生向けに高校生が作製した冊子 市内の県立高4校の全生徒に配布されるメッセージカード

 【真岡】地元の中高生に真岡の魅力を伝える取り組みに、市が注力している。市内の県立高4校の生徒が作製した冊子「中学生に伝えたい 真岡の高校のこと」を市内全中学2年生約750人に配布したほか、卒業シーズンを前に高校生向けの定住促進PR動画「真岡エンパシー」を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで配信を始めた。共に初の試みで、地元への愛着や誇りを持つ「シビックプライド」の醸成を10代の感性に訴える。

 「中学生に伝えたい 真岡の高校のこと」はA4判オールカラーの計8ページ。市内高校への出願者数減などに着目し、真岡、真岡女子、真岡工業、真岡北陵各高の生徒8人でつくる「真岡すきすきシェアクラブ」のメンバーが自校の魅力をそれぞれPRしている。