開花シーズンを迎え出荷が始まったトルコギキョウ=30日午前8時、那須塩原市関谷

 東京電力福島第1原発事故で福島県飯舘村から那須塩原市関谷に避難した元農協職員北原彰(きたはらあきら)さん(61)が育てた同村の特産品トルコギキョウが開花を始め、関谷の花卉(かき)農園「花園 までい」で収穫作業が行われている。

Web写真館に別カットの写真

 北原さんは同所で花卉農園を開いて6年目。トルコギキョウは色合いが多様で、仏花などに使用される。