日本バスケットボール協会は21日までに、「FISUワールドユニバーシティゲームズ」(6月・中国)に出場する22歳以下男子日本代表の選考合宿参加選手24人を発表し、本県関係ではB1宇都宮ブレックスに特別指定で加入している早大2年の星川堅信(ほしかわけんしん)(宇都宮市出身)ら5人が選ばれた。代表監督は白鴎大の網野友雄(あみのともお)監督が務める。

 白鴎大からは3年の関屋心(せきやこころ)と杉山裕介(すぎやまゆうすけ)、2年の市川真人(いちかわまさと)と脇真大(わきまさひろ)の計4人が選ばれた。合宿は20~24日に福島県楢葉町のならはスカイアリーナで行われる。