アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」後期のHC栃木日光アイスバックスは20日、日光霧降アイスアリーナでひがし北海道と対戦、6-4で快勝した。2連勝で通算6勝2敗。

 バックスは第1ピリオド9分に先制されたが、直後にFW斎藤哲也のゴールで追い付いた。4-2で迎えた第2ピリオドはパワープレー中にFW出口圭太が決め、第3ピリオドは9分にFW清水怜が追加点を奪い、危なげなく逃げ切った。

 次戦は26日午後4時から、横浜市のKOSE新横浜スケートセンターで横浜と対戦する。