ひがし北海道戦に向け練習に励むバックスの選手たち

 アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」後期のHC栃木日光アイスバックスは19、20の両日、日光霧降アイスアリーナでひがし北海道と対戦する。新型コロナウイルスの影響での試合中止やリーグ中断期間などがあり1月9日以来の公式戦。リーグは終盤戦に突入するが、2カ月ぶりのホーム戦で地元ファンを2連勝で喜ばせたい。

 バックスの後期通算成績は4勝2敗で、4戦全勝のRE北海道に次ぐ2位につける。ひがし北海道は3勝5敗の3位。両チームともチーム内に感染者が出たため4試合が中止、2試合が延期となっている。