箒根中の女子制服。左が新しく導入されたスラックス。

 【那須塩原】箒根中はこのほど、女子生徒向けのスラックスを制服として新たに導入した。市によると、ジェンダーフリーなどに配慮して導入する市内中学校は本年度から徐々に増えており、同校を含めて市内10校中4校に上っている。

 同校での導入の契機は生徒会の提案。時代に合うよう校則を見直す中で、生徒会長の3年八木沢梨里花(やぎさわりりか)さん(15)が「男子はズボン、女子はスカートと縛らず、もっと自由にしてもいいのでは」と発案した。教員も全員一致で賛成し、1月末からスラックスが購入できるようになった。

 スラックスのデザインは無地の紺色。試着した3年高野莉加(たかのりか)さん(15)は「暖かいし動きやすい。見た目もかっこいい」と語る。着用している在校生はまだいないが、新年度に新入生2人が購入を希望している。