【足利】市は9日、市内在住の高齢女性から「ふるさと足利応援寄付金」に5千万円の寄付が4日にあったと発表した。女性の亡くなった娘からの相続金で「市の子どもたちのために使ってほしい」との希望があったという。

 2008年度に同寄付金制度が創設されて以来、個人からの寄付としては最高額。早川尚秀(はやかわなおひで)市長は「寄付された方の思いを大切にして、足利市の子どもたちのために活用させていただきます」とコメントした。