宇都宮市は15日、佐藤栄一(さとうえいいち)市長(60)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。24日まで自宅療養し、体調を考慮しながらオンラインや電話などで対応できる業務を行う。

 14日に同居家族の陽性が判明。その後発熱し、15日昼に検査を受け夕方に陽性が判明した。陽性判明前の同日の議員協議会と記者会見には自宅からオンラインで臨んだ。会見で症状について「喉の痛みと倦怠(けんたい)感、歩くとふらふらする」などと答えていた。最終登庁日は9日で、市民や職員に濃厚接触者はいない。