最優秀賞に輝いた工藤さんの作品「空を聴く」

 【下野】市観光協会はこのほど、市観光フォトコンテストの審査結果を発表した。最優秀賞には小山市羽川、無職工藤幸雄(くどうゆきお)さん(65)の作品「空を聴く」が選ばれた。

 フォトコンテストは、観光PRに活用することなどを目的として、毎年実施している。今回は昨年7~12月に作品を募集し、県内外の62人から計207点の応募があった。

 工藤さんの作品は、昨年夏、三王山の三王山ふれあい公園で星空の風景を撮影したもの。「以前から公園の雰囲気が気になっていて、撮影に出掛けた。応募は初めてだったので、受賞できて驚いている。市のPRになればうれしい」と喜びを語った。

 同協会は3月から、入賞した作品13点を小金井の市観光案内所オアシスポッポ館に展示する。