サッカーJ2栃木SCは13日、今季の主将に益子町出身のMF西谷優希(にしやゆうき)(28)を選んだと発表した。

 西谷は鹿島学園高(茨城)から仙台大に進み、在学中に渡独。最初に加入した当時6部のヒラル・マロク・ベルグハイムでリーグ優勝に貢献し、2018年シーズン途中にドイツ4部のエルンテブリュックから栃木SCへ移籍した。「(チームや仲間が)苦しい時やうまくいかない時に、自分を見てくれと言えるようにしたい」とコメントした。

 副主将にはGK川田修平(かわたしゅうへい)と黒崎隼人(くろさきはやと)、福森健太(ふくもりけんた)両DFの3人が選ばれた。