第2クオーター2分、ブレックスの鵤がゴール下へ攻め込む=TKCいちごアリーナ

第3クオーター3分、ブレックスの鵤がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ

第3クオーター9分、ブレックスの鵤がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ

第2クオーター2分、ブレックスの鵤がゴール下へ攻め込む=TKCいちごアリーナ 第3クオーター3分、ブレックスの鵤がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ 第3クオーター9分、ブレックスの鵤がシュートを放つ=TKCいちごアリーナ

 バスケットボールB1は13日、各地で4試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスはTKCいちごアリーナで西地区の京都と対戦し71-68で競り勝ち、2連勝を飾った。通算成績は22勝10敗。

 第1クオーター(Q)は立ち上がりの激しい守備で流れをつかんだ。鵤誠司(いかるがせいじ)の3点シュートなどで連続7得点を奪い、優位に試合を進めて20-14。第2Qも制限時間内にシュートを打たせない場面を2度つくるなど相手攻撃を停滞させ、喜多川修平(きたがわしゅうへい)らの得点で39-29と点差を広げた。

 第3Qは互いに点を取り合う展開となったが、アイザック・フォトゥの2次攻撃やチェイス・フィーラーのダンクなどで加点。7点差で突入した第4Qは中盤までに鵤、竹内公輔(たけうちこうすけ)の連続3点シュートで追加点を奪うと、その後は相手に猛追を受けたが辛くも逃げ切った。

 ブレックスは前半から相手守備に手を焼いたが、出場全11選手が得点した。次戦は16日午後7時25分から、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)でSR渋谷と対戦する。