大田原市の津久井富雄市長は14日の定例記者会見で、土砂埋め立てなどによる土壌汚染や災害発生の防止に関する条例を改正することを明らかにした。建設汚泥にセメントなどを混ぜた改良土と県外の土砂などの市内への搬入を原則禁止とするほか、事業計画の説明会開催など周辺住民への周知を義務化する。