容疑者が乗っているとみられる捜査車両=29日午後8時35分、栃木署(画像は一部加工しています)

 栃木市柏倉町の自宅で無職の男性=当時(82)=が殺害され、現金などが奪われた強盗殺人事件で、栃木署捜査本部は29日、強盗殺人と強盗致傷の疑いで同市、自称とび職(34)と宇都宮市、無職少年(19)を逮捕した。2人は調べに対し「やっていない」「知らない」などと容疑を否認しているという。捜査本部は事件の詳しい経緯などを捜査している。

 逮捕容疑は、共謀し26日午前2時ごろ、男性の自宅で、男性の頭や上半身などに暴行を加えて殺害したほか、同居している長男(59)の顔を複数回殴るなどして顔や左腕、左脚などにけがをさせ、長男の現金約30万3千円や預金通帳3冊ほか12点を奪った疑い。