本県へ28日夜に最接近した台風12号の影響で、県内は各地で雨風が強まり、降り始めの28日午前3時から29日午後7時までの総雨量は奥日光で272ミリを観測、日光市内の県道が通行止めになるなどした。台風は西へ進み29日午前までに県内の大雨警報は全て解除されたが、南から湿った空気が入り込んだ影響で、県北部の一部では29日夜も雨が降り続いた。

 県危機管理課などによると、29日午前5時35分ごろ、同市の県道川俣温泉川治線の野門トンネル出入り口付近で2本の木が道路に倒れ約2時間、通行止めとなった。また同日午前9時ごろから、同市の県道栗山舘岩線で砂利が雨で流れ通行に支障が出たため、福島県境まで通行止めとなった。

 宇都宮地方気象台によると、総雨量は奥日光のほか、足尾182ミリ、土呂部148・5ミリなど。宇都宮は65・5ミリを観測した。