第3クオーター1分、スチールを決めるブレックスの喜多川(中央)=TKCいちごアリーナ

第3クオーター10分、レイアップを決めるブレックスのテーブス=TKCいちごアリーナ

第4クオーター4分、相手選手を激しくマークするブレックスの荒谷(右)=TKCいちごアリーナ

第3クオーター1分、スチールを決めるブレックスの喜多川(中央)=TKCいちごアリーナ

第3クオーター1分、スチールを決めるブレックスの喜多川(中央)=TKCいちごアリーナ 第3クオーター10分、レイアップを決めるブレックスのテーブス=TKCいちごアリーナ 第4クオーター4分、相手選手を激しくマークするブレックスの荒谷(右)=TKCいちごアリーナ 第3クオーター1分、スチールを決めるブレックスの喜多川(中央)=TKCいちごアリーナ

 バスケットボールB1は12日、各地で3試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスは鹿沼市のTKCいちごアリーナで西地区の京都と対戦、78-54で快勝した。通算成績は21勝10敗。

 4季ぶりの鹿沼開催。ブレックスは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)が欠場、喜多川修平(きたがわしゅうへい)が今季リーグ戦初先発した。第1クオーター序盤に連続7失点でリードを許したが、比江島慎(ひえじままこと)、鵤誠司(いかるがせいじ)らの3点シュートで追い上げ15-17。第2クオーターは荒谷裕秀(あらやひろひで)らの得点で序盤に逆転し。最後にチェイス・フィーラーが3点シュートを決めて31-24で折り返した。

 第3クオーターは立ち上がりに比江島の3点シュートやジョシュ・スコットのダンクなど、連続13得点で一気に流れを引き寄せ55-30。第4クオーターは荒谷のアタックや、テーブスの2本の3点シュートを含む8得点の活躍で追い上げを許さなかった。比江島とテーブスがともにチーム最多の15得点だった。

 次戦は13日午後4時5分から、同会場で京都と対戦する。