感謝状を贈られた鈴木さん(左から2人目)と永井さん(同3人目)

 【那須塩原】那須塩原署は8日、特殊詐欺被害を防いだ栃木銀行黒磯支店の支店長代理鈴木正浩(すずきまさひろ)さん(49)とパート永井香織(ながいかおり)さん(42)に感謝状を贈った。

 永井さんは昨年11月、会員制交流サイト(SNS)上での知人に医療費として約100万円を振り込もうとした50代女性に窓口で対応。相手との関係性などを聞く中で不審に思い、鈴木さんらと連携して被害を防止した。

 鈴木さんは同6月にも特殊詐欺被害を防いでおり、県警の大貫良之(おおぬきよしゆき)生活安全部長(59)から年2回の功績をたたえられ、「声掛けマイスター」を委嘱された。県内42人目で、同署管内では2人目。

 鈴木さんは「大切な資産を守りたいという意識を職員間で共有できたことが、防止につながった」と話し、永井さんは「お客さまへの声掛けの大切さを感じた。今後も継続する」と意気込んだ。