宇都宮地方気象台は11日午前5時24分、「大雪に関する栃木県気象情報」を発表した。県内では、北部の山地を中心に積雪となっているため、引き続き雪による交通障害や路面の凍結に注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、低気圧は本県から遠ざかり、大雪の恐れはなくなったという。