ダム見学を楽しむ参加者たち

 【那須塩原】那須塩原市、大田原市に水道用水を供給している深山ダムの現地見学会が24日、百村の同ダムで開かれ、県内外から集まったダム愛好家など約270人が通常は入れないダムの湖底などを見学した。

 ダムに親しみを持つことで水を大切に使ってもらおうと、国土交通省などが主催する「森と湖に親しむ旬間」(21~31日)に合わせて2015年から実施。参加者は年々増え、親子連れなど幅広い世代が見学に訪れている。