» 動画ページへ

さまざまな商品が並ぶチョコレート売り場=9日午前10時55分、東武宇都宮百貨店

 バレンタインデーの14日を前に、県内の百貨店などに設置された特設売り場が恋人や大切な人へ思いを伝えるチョコレートを買い求める客でにぎわっている。

 宇都宮市宮園町の東武宇都宮百貨店宇都宮本店では1月27日から5階イベントプラザで恒例の「2022ショコラマルシェ」を開催している。今年のテーマは「推しチョコに出会おう」で、全国・海外の計47ブランド約600商品を取り扱う。

 バレンタインデーに向けた商戦が本格化する9日、店頭では女性客らが真剣な表情で商品を選ぶ姿が見られた。

 食品・レストラン部販売二課の薄井英和(うすいひでかず)課長(45)は「商品の見た目やパッケージがかわいらしいチョコレートを取りそろえた」と話した。