JR東日本によると、9日午後5時17分ごろ、宇都宮線東鷲宮―栗橋駅間で沿線火災があり、宇都宮-東京駅間の上り線の運転を一時見合わせた。

 消防が消火活動を行い、その後、線路・設備などに異常のないことを確認し、同5時54分に運転を再開。上下2本が区間運休し、上下4本に最大37分の遅れ、約800人に影響した。