2022年度栃木市一般会計当初予算案

 栃木市は8日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計は21年度当初比3.2%増の671億9千万円で過去最大規模となった。2年ぶりの増額で、市消防本部や市都賀総合支所の整備の本格化、国体事業などが要因。

 記者会見で大川秀子(おおかわひでこ)市長は、市総合計画(13~22年度)の総仕上げとして「新型コロナウイルスや災害に負けない安心安全なまちづくりに全力で取り組み、元気あふれる市をつくる」と述べた。