栃木県庁

 福田富一知事は8日午前、2022年度栃木県当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比68億円(0.7%)減の1兆86億円で、2年連続で1兆円を超えた。

 新型コロナウイルス対策や「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」の開催などで出費が増大することが主な要因。コロナ禍の「新たな日常」と国体への対応に加え、デジタルトランスフォーメーションや、温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの推進にも重点を置いた。

 県によると、前年度比で減少となるのは4年ぶり。歳入は県税や地方譲与税が増えた一方、後に国が交付税措置する「臨時財政対策債」などが減となることから歳入全体では68億円(0.7%)の減少となった。

 予算の主な内訳では、コロナウイルス対応分として1898億円を計上。国体等開催費として83億円、カーボンニュートラル関連費として64億円を計上した。