【野木】新型コロナウイルスワクチンの接種予約枠に余裕があるとして、町は2回目の接種から6カ月以上経過している町民を対象に、早期の追加接種を呼び掛けている。

 追加の集団接種で使用されるワクチンはモデルナ社製。現在は小中学校教員や保育士などのほか、65歳以上の高齢者を対象に接種券を送付している。しかし直近に予定されている集団接種では20日に200人分、27日には400人分の予約枠が空いているという。

 町健康福祉課によると、ファイザー社製のワクチンを1、2回目に接種した人で交互接種をためらう人が多いとみられる。同課では「交互接種でも効果に変わりはないとされている。早期の接種を検討してほしい」と呼び掛けている。

 (問)町コールセンター0280・57・4186。