ブルペンで投げ込んだ左から神戸、鈴木、石井の3投手=エイジェックさくら球場

 社会人硬式野球のエイジェックは4日、栃木市のエイジェックさくら球場で報道陣向けの公開練習を行った。昨年に続く都市対抗野球大会出場と初勝利、日本選手権初出場を目標に据える今季は、既存の15選手に17人の新加入選手を加えるなど戦力を大幅刷新し1月5日に始動。この日も約6時間汗を流した。

 4日は新加入の神戸文也(かんべふみや)(前オリックス)、石井将希(いしいまさき)(前阪神)、鈴木遼太郎(すずきりょうたろう)(前日本ハム)のプロ経験3投手もそろってブルペン入り。難波貴志(なんばたかし)監督や小林雅英(こばやしまさひで)投手総合コーチも見つめる中、感覚を確かめながら変化球も交え投げ込んだ。