南極昭和基地にいる渡辺教諭からの授業で実験に参加する児童=4日午後、宇都宮大付属小

南極昭和基地にいる渡辺教諭に質問する児童=4日午後、宇都宮大付属小

南極昭和基地にいる渡辺教諭からの授業で実験に参加する児童=4日午後、宇都宮大付属小 南極昭和基地にいる渡辺教諭に質問する児童=4日午後、宇都宮大付属小

 第63次南極地域観測隊に同行している宇都宮大付属小の渡辺雅浩(わたなべまさひろ)教諭(38)によるリモート授業が4日、同校で行われ、児童と同付属中の生徒合わせて約千人が南極の自然環境に思いを巡らせた。

 南極の昭和基地と同校を衛星回線で結び、5年生98人が体育館で渡辺教諭とやりとりした。渡辺教諭が昭和基地内を案内すると、児童たちは「ワーッ」と歓声を上げ、隊員たちの様子などを熱心に見入った。