庭先で開花したフクジュソウ

 【高根沢】4日は、二十四節気の立春。上高根沢、鈴木裕(すずきゆたか)さん(80)方では、黄色いフクジュソウの花がほころび始めた。「新型コロナウイルス禍の中、花を見て癒やされてほしい」と、庭先で花々を育てている。

 この日は正午近くになると、5、6個ほどのつぼみが2カ所で開き始めた。3月中旬ごろまでに、順次開花していくという。

 妻のユキさん(80)は「花はセツブンソウ、クロッカス、スイセンなどが続きます。コロナが収束し穏やかな春が訪れてほしい」と話している。

 鈴木さん方は県道石末真岡線沿いで、コスモ石油高根沢金井サービスステーションの北隣にある。一般見学可能。

 (問)鈴木さん028・675・3233。