葉の上の雨粒の写真

路上のガラス片の写真

葉の上の雨粒の写真 路上のガラス片の写真

 全国の小中高生らを対象とした「第17回環境フォト・コンテスト わたしのまちの○と×」(出光興産主催)で、宇都宮市海道小3年八重樫優衣(やえがしゆい)さん(9)の作品が小学校部門の最高賞となる金賞に輝いた。自然の美しさや環境美化の大切さを写真で表現し、八重樫さんは受賞の喜びとともに「ごみは決められた場所に捨ててほしい」と話している。

 同コンテストは、子どもたちに環境問題への意識を高めてもらおうと毎年開催している。いつまでも残したい風景と、改善したい風景の写真を2枚1組で表現してもらう。小中高校と高専の在校生が対象で、今回は計1万5558点の応募があった。八重樫さんは小学校部門で、1756点の中から上位1人に贈られる金賞となった。

 作品名は「しぜんに光るキラキラがすき」。夏休み中、雨上がりの日に通学路で発見した葉の上の雨粒と路上に散乱したガラス片を、父親から借りた一眼レフカメラでそれぞれ撮影。作品説明で「道に落ちたガラスより葉っぱの雨つぶが光っているほうがきれい。ごみは決められた場所に捨てるようにして、安全な道にしたい」などと訴えた。審査では、輝きを対比させた表現などが評価された。

 八重樫さんは保育園年長の時からボーイスカウト活動に参加しており、自然に触れる機会が多い。「自然にしかつくれない美しさがある」と心動かされることがある一方、自然の中にごみが散らばる光景も目にして問題意識を抱くようになった。

 フォトコンテストへの参加は初めて。「自信がなかったので金賞が取れたのは不思議だったけどうれしい」と笑顔を見せた。

 入賞作品は同コンテストの特設ウェブサイトで公開している。