道端カレンさん(右から3人目)らが登壇したサイクルスポーツに関するトークセッション

道端カレンさん(左から3人目)らが登壇したトークイベント

道端カレンさん(右から3人目)らが登壇したサイクルスポーツに関するトークセッション 道端カレンさん(左から3人目)らが登壇したトークイベント

 宇都宮市は3日、同市での起業や創業を促すトークイベントを、東京・虎ノ門で開いた。同市内で活動するプロスポーツチームやスタートアップ(新興企業)の関係者、モデルでタレントの道端(みちばた)カレンさんらが登壇した。

 同市はサッカーとバスケットボール、自転車ロードレースの三つのプロスポーツチームを擁し、スポーツを通じたベンチャー企業の支援にも取り組んでいる。

 イベントは現地とオンラインを合わせて約280人が参加。トークセッションでは、市内で国際大会を開催しているサイクルスポーツも取り上げた。自転車メーカーや専門メディアの第一人者らが、収益化や競技の裾野拡大といったビジネスの視点から意見を交わした。

 サイクルスポーツの普及に取り組む道端さんは「自転車は誰もが乗れて、ゆっくり走ってもスポーツとして関われる。美容と健康にも良い」と魅力を語っていた。