【宇都宮】JR宇都宮駅と大谷地区間の路線バスが1日乗降自由になる「大谷観光一日乗車券」の4~6月の販売枚数が5085枚で、前年同期比で89%増加したことが、市観光交流課のまとめで分かった。同時期のJR宇都宮駅の観光案内所の利用件数も前年同期比で17%増。同課は栃木デスティネーションキャンペーン(DC)の効果とみている。

 バスを運営する関東自動車はDC期間に備え、土日の日中の大谷行きを3便増やし、およそ30分間隔での運行を実施。前年の同時期は約40分間隔だった。