» 動画ページへ

14日から業務を開始する宇都宮東署新庁舎の内部=2日午後、宇都宮市中今泉3丁目

 栃木県内最大の約250人の署員を抱え、14日に業務を開始する宇都宮東署新庁舎で移転に向けた準備が着々と進んでいる。2日までに各課や窓口の配置も決まった。一般来庁者の利用が多い運転免許証の更新窓口を専用に新設するなど、利便性の向上を図っている。

 新庁舎は地上4階建て。宇都宮市中今泉3丁目の市東図書館南側に完成した。

 1階は遺失拾得物や車庫証明、高齢者向けの安全運転相談の窓口を設置。待合スペースは約50席あり書類の記入台も増設した。内装の壁には大谷石や県産木材のスギを使った。

 2~3階には刑事1課、生活安全課、交通捜査課などを配置した。

 新庁舎の建設は、同市今泉町の現庁舎の老朽化などにより、2019年7月から進められていた。

 移転に伴い同署の電話番号は028・610・0110に変更となる。