2022年度大田原市一般会計当初予算案

 大田原市は1日、2022年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は310億1100万円で、21年度当初比3.3%、9億7800万円増となった。新型コロナウイルスの影響を受けた市民や事業者支援のため新たに実施する地域応援商品券事業に2億5千万円を計上したことなどが要因。津久井富雄(つくいとみお)市長は「コロナ禍でも安心した暮らしを送れる大田原安心予算として編成した」と述べた。

 新型コロナに伴う支援事業としては同商品券事業のほか、中小企業金融対策費に1億3400万円増となる5億7900万円を計上。商品券は市民1人当たり3千円分を各世帯に簡易書留で配布する予定で、夏ごろになる見通し。