» 動画ページへ

119番通報者に応急手当の動画を送信する指令員=1日午前、宇都宮市消防局

 宇都宮市消防局は1日、119番通報者から災害現場や負傷者の映像をスマートフォンで送信してもらう「Live(ライブ)119」の試験運用を始めた。消防、救急隊員が現場到着前に状況を把握でき、通報者に適切な対処方法を伝えることもできる。同局によると導入は県内で初めてで、4月から本格運用する。

 映像通報は、事故や急病人、自然災害の発生などを想定。119番の「見える化」で迅速・的確な災害対応や応急手当てにつなげ、被害の拡大防止や救命率の向上を図る。

 通報から映像通信への切り替えは、同局通信指令課の指令員が必要と判断した場合に行われる。通報者の承諾を得た上で、指令員がショートメッセージサービス(SMS)で専用のURLを通報者に送り、撮影してもらう。

 通報者から送られた映像は現場に急行している救急隊にも転送し、現場での適切な処置に生かす。映像通報システムでは、消防から通報者のスマホに心臓マッサージなど応急手当ての動画を送ることもできる。

 試験運用を通じて、スマホ操作に慣れていない通報者への案内や電波状況に左右される通信の安定性などの課題を検証する。

 同局通信指令課は「映像や位置情報の把握など119番通報におけるデジタルの積極的な活用で情報の高度化と災害対応力の強化を図っていきたい」としている。