菰田さん(中央)と店舗を引き継いだ三井さん夫妻

 【那須】山形県出身の三井隆助(みついりゅうすけ)さん(39)と、福島県出身の美穂(みほ)さん(33)夫妻は今月、高久丙のパン店「パン・ドゥ・ルアン」の事業を承継した。那須御用邸にも納めたことがあるパン店が新たなスタートを切った。夫妻は「那須で夢をかなえるチャンス。この店を愛するお客さんを大切にしていきたい」と意欲を見せる。

 同店は2005年、湯本にあるホテルのパン販売部門として開業し、11年に現在地へ移った。Lサイズが直径20センチ超の「那須のあんぱん(大)」(750円)、リンゴ1個をまるごと入れた「丸ごとりんごパン」(580円)などが有名という。

 ただ数年前から、前オーナーでパン職人の菰田隆志(こもだたかし)さん(76)が引退を考え、後継者を探していた。