サッカーJ2栃木SCは30日、宮崎県都城市で春季キャンプ中のトップチーム選手4人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表し、24日から実施していたキャンプの打ち切りを決定した。

 クラブの発表によるとキャンプ中に実施したPCR検査で28日に1人、29日に1人、30日に2人の陽性を確認。これに伴う現地保健所の調査により、選手や練習生25人が濃厚接触者の判定を受けた。