母校を訪問した七久保さん(左)と須賀校長

 米国内の日本総領事館の公邸料理人として赴任する七久保竜一(ななくぼりゅういち)さん(27)=鹿沼市出身=が27日、母校の宇都宮短大付属高を訪れ、須賀英之(すかひでゆき)校長や当時の担任らにあいさつした。七久保さんは「海外の新しい環境に慣れて、その土地の方々に受け入れられるような料理を作っていきたい」と意欲を見せる。渡米は2月14日を予定する。

 七久保さんは2013年3月に同校調理科を卒業した。卒業後は、公邸料理人を送り出した実績を持つ東京・浅草の洋食店「レストラン大宮」へ就職し、オーナーシェフの大宮勝雄(おおみやかつお)さんから料理や接客の基本を学んだ。現在、勤務は9年目になる。