第2ピリオド、勝ち越しゴールを挙げ仲間と共に喜ぶ徳光選手(中央)

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第6日は29日、日光市細尾ドームリンクほかでアイスホッケー競技が行われ、成年男子の栃木県チームは5位決定戦で神奈川に4-1で勝ち、今大会を5位で終えた。

    ◇    ◇

 世代トッププレーヤーの、8度目の国体。大手商社マンがアイスホッケー成年男子の栃木県チームをリードした。日光市出身のFW徳光陸(とくみつりく)選手(23)=三井物産=は「望んでいた順位ではなかったけど、勝って終われた」と安堵(あんど)の表情でリンクを後にした。