アイスホッケー成年男子準々決勝 第2ピリオド、3点目を奪われうなだれる栃木のGK龍(中央)ら選手たち=細尾ドームリンク

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第5日は28日、日光霧降スケートセンターほかでスピードスケートとアイスホッケーを行い、アイスホッケー成年男子の本県は準々決勝で埼玉に2-4で惜敗し、順位決定戦に回った。

Web写真館に別カットの写真

 本県は第1ピリオド10分11秒、パワープレー中に先制点を献上。0-3で迎えた第2ピリオド残り12秒でFW柚木辰徳(ゆずきたつのり)がミドルシュートを決めて1点を返した。

 第3ピリオドは6人攻撃を仕掛けた13分13秒にFW唐津大輔(からつだいすけ)が決めて1点差に詰め寄ったが、残り29秒で無人のゴールに流し込まれて万事休した。次戦は29日午前8時半から、青森と順位決定戦1回戦を行う。