アイスホッケー成年男子2回戦 第3ピリオドに相手ゴールに迫る栃木のFW宮本(左)=今市青少年スポーツセンター屋内スケートリンク

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第4日は27日、日光霧降スケートセンターほかでスケートのスピードとフィギュア、アイスホッケーを行い、アイスホッケーは成年男子の2回戦で本県は岡山に8-1で快勝し8強進出。第1ピリオド8分にFW柚木辰徳(ゆずきたつのり)(県スポーツ協会)が先制のシュートを決めると、13分にはFW徳光陸(とくみつりく)(三井物産)のパスを受けたFW宮本明朗(みやもとあきら)(宇都宮市役所)が追加点。宮本は3得点の大活躍を見せた。

 準々決勝は28日午後0時半から日光市の細尾ドームリンクで埼玉と激突する。

Web写真館に別カットの写真

   ◇     ◇

 栃木の点取り屋がリンクで大暴れした。アイスホッケー成年男子2回戦で、日光市出身のFW宮本明朗(みやもとあきら)(宇都宮市役所)がハットトリックを達成。「地元国体で活躍できてホッとした」と爽やかに笑った。