成年女子1500メートル決勝 1周目のホームストレートを先頭で通過する北原(県スポーツ協会)=日光霧降スケートセンター

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第4日は27日、日光霧降スケートセンターほかでスケートのスピードとフィギュア、アイスホッケーを行い、スピードの成年男子1500メートルで山本大史(やまもとたいし)(県スポーツ協会)、同女子1500メートルで北原(きたはら)もえ(同)が共に4位に入った。

Web写真館に別カットの写真

   ◇     ◇

 スピードスケート成年女子1500メートル決勝で7番目にゴールへ飛び込んだ北原(きたはら)もえ(県スポーツ協会)だが、序盤の責任先頭クリアが奏功し4位入賞。レース前に描き出した「戦略」が順位を押し上げる要因だった。