県警は27日、さくら署員6人と刑事部捜査1課員2人など計9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署には死体遺棄事件で特別捜査班が設置されている。いずれの所属も業務運営に支障はないという。

 同署の6人は、刑事課や生活安全課などに所属する20~50代の男性と女性の警察官。近距離で接触した職員7人を自宅待機とした。署の窓口業務は通常通り行う。

 捜査1課は、20代と30代の男性警察官2人が感染した。このほか、足利署地域課の50代男性警察官も陽性と分かった。

 さくら署の3人と捜査1課の1人は業務を通じて市民と接触があり、保健所が濃厚接触者を調査している。