成人男子500メートルで3位入賞を果たした川目(県スポーツ協会)=日光霧降スケートセンター

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第3日は26日、日光霧降スケートセンターほかでスケートのスピード、フィギュアとアイスホッケーを行い、スピード成年男子500メートルで阿部啓吾(あべけいご)(県スポーツ協会)が36秒44で初優勝を飾り、川目拓磨(かわめたくま)(同)が3位に入った。

 成年女子500メートルは宇佐見鈴音(うさみすずね)(同)が4位、上鹿渡双葉(かみかどふたば)(同)が6位。宇佐見は1000メートルで、北原(きたはら)もえ(同)は3000メートルで決勝進出を決めた。少年男子500メートルは萩原由侑(はぎわらゆう)(宇都宮工高)が7位入賞。同1000メートルは湯澤大翔(ゆざわやまと)(日光明峰高)、少年女子3000メートルは平岡由圭(ひらおかゆうか)(同)がそれぞれ決勝へ駒を進めた。

 フィギュアは成年女子ショートプログラムで小室笑凜(こむろえみり)(早大)が42.09点の18位で27日のフリーに進出。成年男子のフリーに出場した鈴木雄大(すずきゆうだい)(尚美学園大)は24位で大会を終えた。フィギュアは2014年の「ひかりの郷(さと) 日光国体」以来8年ぶりに、エントリーした複数種別全てで選手がフリーに進む好成績を収めた。

 アイスホッケー成年男子は1回戦を行い、本県は広島に12-0で完勝。2回戦は27日午後2時半から、今市青少年スポーツセンターで岡山と対戦する。

   ◇     ◇

 不屈の滑りだった。スピードスケート成年男子500メートルで2大会連続の3位。「最低限の結果だと思う」。2年ぶりの優勝にあと一歩、わずかに届かなかった川目拓磨(かわめたくま)(県スポーツ協会)は表情を変えることなく結果を受け入れた。

 得意のスタートで軽快に飛び出した直後、想定外の事態が発生。右足のスケート靴前方と刃をつなぐ、ちょうつがいのネジが外れそうになった。靴の裏の後方の金具に「刃がきれいに入らなくなった」。違和感を感じたまま加速を続けて先頭に立った。