佐野厄よけ大師で行われたのりなどの招福祈願

 2月3日の節分に先立ち、イオンリテール北関東カンパニーは26日、佐野市金井上町の佐野厄よけ大師で恵方巻に使う焼きのりや豆まき用の落花生の招福祈願を行った。

 祈願した商品は、埼玉県を含む北関東4県にあるイオンやイオンスタイル計44店舗で2月2、3の両日販売する、恵方巻ののり約15万枚と落花生400キロ。購入者の無病息災などを願って2009年から毎年この時季に行っている。

 この日は同社関係者約10人が参列し、燃えさかる炎の前で招福を祈願した。

 儀式に参加した同社の広報担当者は「新型コロナウイルスを含む厄をよけ、お客さまや従業員が安全で安心な毎日を送れるように願いを込めた」と話した。