販売する「囲碁よろしく」を手にする片山専務理事(左)ら

 地元有志らで組織する「囲碁の聖地日光協議会」はこのほど、新銘菓で地域活性化や囲碁の普及を図ろうと、オリジナル煎餅「囲碁よろしく」の販売を始めた。「日光甚五郎煎餅」で有名な石田屋(日光市本町)とのコラボにより、碁石に見立てた2種類の煎餅を作った。

 同会の片山栄喜(かたやまえいき)専務理事(69)は「初めて会う人やお世話になる人に、『以後よろしく』という気持ちを込めた贈り物としても活用してほしい」と話している。