ごみピットに投入される指定解除済みの牧草=26日午後0時25分、那須塩原市蟇沼

 放射性物質を含む指定廃棄物の農家保管分について、那須塩原市のごみ処理施設「那須塩原クリーンセンター」で26日、放射能濃度が基準値(1キログラム当たり8千ベクレル)以下となった指定廃棄物の焼却処理が始まった。農業系指定廃棄物の暫定集約の一環で、指定解除した牧草などの廃棄物を一般ごみと混ぜて焼却する。

 市内の53農家が一時保管する指定廃棄物計1216.6トンのうち、基準値以下の954.3トンを搬入後に順次指定解除し、来年度末までに焼却する。