フィギュア少年女子で23位だった北條(鹿沼東高)のフリーの演技=日光霧降アイスアリーナ

フィギュア成年男子ショートプログラム 迫真のポーズで演技を締めくくる平田(白鴎大)=日光霧降アイスアリーナ

フィギュア少年女子で23位だった北條(鹿沼東高)のフリーの演技=日光霧降アイスアリーナ フィギュア成年男子ショートプログラム 迫真のポーズで演技を締めくくる平田(白鴎大)=日光霧降アイスアリーナ

 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第2日は25日、日光市の今市青少年スポーツセンター屋内スケートリンクほかでスケートのショートトラック、フィギュア、スピードを行い、フィギュアは成年男子のショートプログラムで鈴木雄大(すずきゆうだい)(尚美学園大)が23位で26日のフリーに進んだ。少年女子フリーに出場した北條楓(ほうじょうかえで)(鹿沼東高)は23位で今大会を終えた。

Web写真館に別カットの写真

    ◇    ◇

 全国高校総体から始まった濃密な1週間を最後は笑顔で駆け抜けた。少年女子フリーに挑んだ北條楓(ほうじょうかえで)(鹿沼東高)は「楽しかった」。昨年に続く2度目の国体は111・09点の23位で幕を閉じた。