下野新聞社杯で優勝した泉

 競輪の第42回下野新聞社杯争奪(A級)は25日、宇都宮競輪場第11レースで行われ、泉慶輔(いずみけいすけ)(宮城)が優勝した。

 勝ち上がった7選手で行われたA級決勝戦。先頭を走る地元栃木の上川直紀(かみかわなおき)を三浦翔大(みうらしょうた)(宮城)がラスト1周でかわし、最後は2番手につけていた泉が最終の直線でまくって制した。2着は金野俊秋(こんのとしあき)(千葉)。レース後、泉には下野新聞社から賞状とブロンズ像が贈られた。

 最終12レースのガールズ決勝は、昨年の「ガールズグランプリ2021」2位の小林莉子(こばやしりこ)(東京)が制し、2着に地元の荒牧聖未(あらまきさとみ)(栃木)が食い込んだ。