バスケットボールBリーグは25日、川崎市のとどろきアリーナで26日に予定していた宇都宮ブレックス-川崎の1試合を中止すると発表した。リーグ規約に準じたチェアマン判断での中止で、代替試合は未定。

 20日に川崎が発表した新型コロナウイルス感染者2選手のうち、1人の濃厚接触者の調査が長期化していた。24日に保健所がチーム内に濃厚接触者はいないと判定したが、この間、川崎はチーム活動を停止。試合に向けた活動可能日は最長でも試合日を含めた2日間だけになってしまった。

 リーグは新型コロナウイルスの影響による試合中止などを定めた規約で、自宅待機解除などによりチーム活動が再開された日か翌日に試合が予定されている場合は試合を中止するとしている。川崎のチーム活動停止は万が一に備えた自主的なものだったが、実質的に保健所の調査完了を待つために活動を停止せざるを得なかったことから当該規約を準用した。